スーツを着た男性

派遣社員の指示命令系統について

私の職場は過半数を派遣社員が占めています。現場をまかなっていく上で、派遣社員の役割は無くてはならないものとなっています。
もちろん面談から研修、育成においても、本来は派遣会社の役割があるところを自社でまかなうようなこともしています。独自の給与昇給、研修制度なども含めてです。もちろん、派遣会社に相談しながらですが。
そして、何よりも難しいのが派遣社員への指示命令系統です。あくまで派遣社員ですから、どこまで指示命令を行うことできるのか非常にさじ加減が難しいところがあります。しっかり決めているようであっても、派遣社員によって考え方も代わってくる場合があります。そして、派遣会社と協議しながら、しっかりルール付けを行っています。
また、宴会の出欠、個人的なお誘いに関しても、都度派遣会社に協議しながら行っています。実際のところ、コミュニケーションは非常に大事なところで周知していますが、そのあり方には難しいところはあります。パワーハラスメント、セクシャルハラスメントとどこからがそれにあたるか難しいところであり、気を使うところです。特に男性社員には定期的に派遣社員との付き合い方をしっかり学んでもうことにしています。
こうした継続こそがトラブルを防ぐと信じています。